2018 旭中学校日記

旬の「れんこん」を生かした給食献立

11月8日(木)の給食は、『旬の「れんこん」を生かした献立』でした。「れんこん」は、秋から冬にかけて旬をむかえる野菜です。地下では茎が太くなって節になり、節から茎が伸びて新しい節を作ります。これが私たちが食べている「れんこん」です。長いものでは8mにも生長します。「れんこん」は、穴があいて先が見通せるので縁起がよいとされお正月のおせち料理にも欠かせません。また、ビタミンCが豊富に含まれているので、風邪の予防にも役立ちます。メニューは、旬の「れんこん」を『かき揚げ』にしたもので、全校で味わっていただきました。

旬の食べ物11月号←クリック!

 

 

学校保健・安全委員会

11月8日(木)、「学校保健・安全委員会」を開催しました。対象は「3年生・保護者・教員」で、「愛媛労災病院の院長先生」を講師としてお招きし、「命の学習 ~思春期の心と体~」という演題で講演をしていただきました大変有意義で充実した保健行事になったようでした。

 

2年生マナー研修

11月7日(水)、2年生が「マナー研修」を行いました。これは、間近にせまった「職場体験学習」に備えて、専門家の方に来校いただき、「言葉遣い・あいさつ・みだしなみ」など、仕事をするうえで、職場で大切なことを、「講義やグループ活動」などを通して学ぶことを目的としています。とても真剣な2年生の態度でした。

 

英語力検証テストを実施しました

現在、「英語コミュニケーション能力ボトムアップ事業」などで、全面実施が予定されている、小学校高学年での英語の教科化に備えるとともに急速なグローバル化の進展に対応できる人材の育成が求められています。中学校におきましても、「英語力検証テスト」を実施することになっており、「旭中学校」も、11月7日(水)に3年生が実施しました。このテストは、生徒1人1人の英語力を把握し、学校がその後の学習指導の改善に役立てるもので、「愛媛県教育委員会」が作成した問題に、県内の全ての中学校3年生(2月は第2学年)が取り組みます。

いじめをなくす合言葉のぼり旗

松山市は「いじめ対策総合推進事業」の一環として「いじめ0ミーティング」を開催しています。そこで制作された「いじめをなくす合言葉」が「のぼり旗」となって配付されています。「旭中学校」版は「僕から君へ 君から誰かへ つないでいこう 笑顔のバトン!」で、「松山市」統一版は「咲かせよう 笑顔の花 つみとろう いじめの芽」です。全校生徒に生徒指導主事から説明や指導もありましした明るく健全な学校生活が大切ですね。